2017年7月15日土曜日

TANKA HARAKO 短歌 原狐


躓きて地獄あゆむも真昼間の白き陽光われを晒しぬ

falling down
and wandering in hell-
midday
white sunshine exposes
as I am

This tanka is from my first book "HARAKO",  <9  Kawarake Hell 5 Pieces  川原毛地獄に5首>.
The contents of "HARAKO" are not only my tanka works but also some notes about the work. They are the Japanese Buddahist setsuwa story or the Japanese history, which I think is homeland of Japanese culture.   Furthermore I think Japanese literature such as tanka and haiku is based on those stories.
"HARAKO" will surely bring you some inspiration.

この短歌は処女歌集「短歌 原狐」の <9  Kawarake Hell 5 Pieces  川原毛地獄に5首>.の中の一首です。本歌集は、私の短歌作品だけでなく、作品にまつわる注釈として、仏教説話や日本の歴史も若干ながら記載しております。私はこうした説話や歴史が、日本文化の地盤であり私たち日本人の心の故郷と思っております。
自然写生をもとにして詠った歌を多く収めた歌集「短歌 原狐」を鑑賞して頂けたら無上の喜びと存じ上げております。




Kawarake Hell, in Yuzawa City, Akita Prefecture, Japan.
秋田県湯沢市にある川原毛地獄



Kawarake Hell, in Yuzawa City, Akita Prefecture, Japan.
秋田県湯沢市にある川原毛地獄


死者遺す骨の色かな
川原毛の無音の谷に白き石寂(さ)ぶ
*
are they bone colors
the dead left in this world?
in the soundless valley
of Kawarake Hell
white stones are desolated
*

from <TANKA HARAKO 短歌 原狐>

All right reserved ©Rika Inami
--------------------------------

御返歌ありがとうございます。

*****

黄泉の国
夏が誘いし
提灯の


送り火 蒼く
ただ しんしんと


©小野康夫


短歌&Photograph by 小野康夫

******